糖質制限で痩せるにはどうしたらいいの?

公開日:  最終更新日:2018/08/07

糖質制限で痩せるには、早くケトン体質になるしか方法がありません。

しかし、ケトン体質になるには1日2日で慣れるものでありません。

 

ケトン体質になれば、ブドウ糖の代わりにケトン体を消費する身体になります。

このケトン体をエネルギーとして消費をする身体になることで糖質制限をしている時に起きやすい下記のような症状を抑える事ができるから、糖質制限を健康的にしかも無理なく継続する事ができるのです。

 

  • 1、はじめは順調に体重が落ちるけど、その後、停滞してしまう

 

  • 2、糖質制限をしているとエネルギー不足で集中できない

 

  • 3、身体の調子が悪くなってきた

 

やはり、ダイエットって何のためにするのか?って考えると健康なためじゃないですか。

痩せてモテたい、見返してやりたい!って考えの人もいるでしょうが、病的に痩せた場合、モテますか?見返すことができますか?

 

できませんよね!

 

やはり、健康な身体、健康的っていう大前提があってモテる、見返してやる!というのが実現できるワケです。

だから、どんな目的があるにせよ糖質制限を成功させたい、成功させる!って気持ちは同じであり、ゴール(目的)は違うけど、ゴールまでに辿り着くまでの過程としては全く同じです!

 

糖質制限の成功のカギであるケトン体質になるには・・・

では、どうしたらケトン体質になれるのでしょうか?

サッカー日本代表の長友選出のプレイの質が向上した背景にもケトン体質が大きく関係しているんです。

 

ケトン体質に関して、前回の記事で説明をしたけど、ここではもっとわかりやすく、でも簡単に説明しますね。

プロスポーツ選出の殆どは、このケトン体質にする事で飛躍的にプレイの品質を劇的に向上させていますが、それは、やはりエネルギーをどこから作り出すのかという点が大きいのですね。

→ 前回の記事はコチラより確認

 

ケトン体質って何?

わかりやすくケトン体質を3行でまとめました。

  • 1、ケトン体とは脂肪酸から作られるエネルギー

 

  • 2、ケトン体質は、ブドウ糖でなくケトン体をエネルギーとして使う

 

  • 3、糖ではなく脂肪をエネルギーにできるか効果的

 

要約すると、現代人はブドウ糖のような糖質をエネルギー源として使います。

しかし、ケトン体は脂肪酸(いわゆる脂肪)をケトン体に変えてエネルギーを作り出すワケだから糖質が不足すると脱力感、集中力不足を招きますが、それを防ぐこともできるからスポーツ選手はケトン体質を目指すのです。

 

プロスポーツ選手でなくても、ケトン体質になるって事は、蓄積されている脂肪をエネルギーにするワケです。

従来は、糖からエネルギーを作るから蓄積された脂肪ってなかなか減らないって仕組みなんです。

でも、ケトン体質になると優先的に脂肪をエネルギー源として消費をすることになるから、どんどん脂肪が減っていく。

また、糖質制限がキツイ集中力不足、空腹感などケトン体質になることで改善させるから、糖質制限をすることが苦痛じゃないです。

 

つまり、ケトン体質になればあなたの身体についたいらない脂肪がエネルギーとして使われるから、筋肉を減らすことなく脂肪を無くすことができるにも関わらず糖質制限を苦痛とかんじなくなるというワケ!

 

そのケトン体質になるのをサポートしてくれるのがケトサポートというサプリなんです。

ケトサポート 通販

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑